スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豪雇用統計と日銀金融政策決定会合(7月)

本日は
まず豪の雇用統計結果が10時30分にありました

相変わらずニュースの配信が2分ほど遅れてくるので
それから仕掛けようと思ってもほんと遅いです

今日はデモをやっていたので
10時25分に豪ドル円の売りでポジションを持って
結果を待ってました
予想通り悪い結果で下方向に動いてくれたので
1万通貨で約2500円のプラスでした

これがデモでなかったらよかったのに
対策が必要ですね

続いて12時50分ごろ
日銀の金融政策決定会合の発表がありました

ドル円が急上昇して
もしかしてサプライズ

と思って配信ニュースを見たら「現状維持」
そしたら下落なはずなのになぜ?
(下落とは限らないけど自分はそう思っている)

不思議に感じていたら
「日銀が短期国債買い入れを5兆円増額」とのニュース

追加緩和したから上昇したんだと思ったら
今度は下落していくのはなぜ?

「資産の買い入れ等は40兆円から45兆円に増額
固定金利方式・共通担保資金供給オペを5兆円程度減額
短期国債買い入れを5兆円程度増額
この結果、基金の大枠は変わらず」
とのニュース

追加緩和だと思っていたのが
実はそうではなかったから下落したんだ

結局は発表前に戻りました

FXやっている人にとっては
相場が動かないことには話が始まらないと思うけど

初心者には
この動きについていくのにバタバタしてしまい
かなりチャンスを逃がしましたよ

スポンサーサイト
[ 2012/07/12 14:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

おはようございます。

リンクしてくださりありがとうございました。
私もリンクさせていただきましたので、お手すきの時にご確認くださいね。
これからもよろしくお願いします(^^)v
[ 2012/07/13 07:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kr820.blog.fc2.com/tb.php/37-a859bb0f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。